品川地域でのインプラントと審美歯科治療は、KU歯科クリニックへ

インプラントについて/治療写真

治療写真

症例

患者さま:60代男性。
来院時は、左下にインプラント、右上奥には取り外し式の入れ歯が入っている不思議な状態でした。 患者さまは、数年前にご近所の歯医者で左下をインプラントにし、同時に右上もインプラント治療を希望したものの、骨が軟らかく、歯茎が痩せすぎていたため断られたそうです。
当院での治療は、他院からのご紹介だったため遠方からの通院になってしまいましたが、来院回数10回でしっかり治療を完了されました(治療期間:3ヵ月半)。

初診時写真         埋入後写真       上部構造装着後写真

症例2 初診時写真矢印(横)症例2 埋入後写真矢印(横)症例2 上部構造装着後写真

上顎奥のインプラント埋入は下顎に比べ難しいものです。 その理由は、上顎洞という空洞が原因で治療に必要な深さを確保しにくいうえ、骨質自体が軟らかいからです。
くわえて、抜歯箇所には大きな問題のある事が多く、治療のために必要な骨が十分ある可能性が低いのです。 もし、骨補填や骨質改善をできなければ、狭い適応範囲でのインプラントになる事は避けられません。
ですが、歯医者から「インプラントは不可能」と言われても、諦めないでください。 当院をはじめ、難しい症例であっても治療できる医療環境(経験豊富な専門スタッフ、最新設備)を持つ歯医者もございます。

治療前写真            治療後写真

症例2 治療前 矢印(横) 症例2 治療後

症例2 治療前2 矢印(横) 症例2 治療後2

補足になりますが、こちらの患者さまは治療中の不快感がなかったため、骨結合するまでの待機期間中に海外旅行へ出かけられたそうです。




Top / インプラントについて / 治療写真

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional